顧客像を考える

あなたのwebページやwebサイトを訪問する人は、どんな人ですか?この質問に
具体的に答えられなければ、検索をしている人やWebサイトに来てくれる人を満足さ
せる「おもてなし」をすることはできません。最適な「おもてなし」をするためには、最初に具体的な人物を定めて、その定めた人に合わせてwebページやwebサイトを作る必要があります。その際、顧客”層”ではなく、顧客”像”を考えることが重要です。たとえば「30代から40代の人」という”層”では、幅が広すぎます。30歳の人と49歳の人が考えることや取り巻く環境は同じでしょうか?家庭、職場など多くの点で、30歳と49歳では違いがありますよね。
商品を説明するときに、30歳の人に伝わりやすい説明と49歳の人に伝わりやすい説明
には、違いがあるはずです。あるいは、商品を初めて購入する人と、なんども商品を繰り返し購入している人では、同じ商品について話をするにも必要な情報、伝えるべき情報は違ってくるのは当然です。
顧客像は実在する顧客の人を決めて、その人に満足してもらえるwebサイトを作るのがベストです。
実在する顧客像に定めるのが難しければ、顧客像を想像しましょう。
ただし、現実とかけ離れた顧客像にならないように注意してください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *